青森県青森市の歴史スポット4選

青森県青森市の三内丸山遺跡は縄文時代の大集落跡です。長期間集落として使用されたその遺跡には、数多くの発掘物があるため学校の教科書にも載っています。構内にはミュージアムがあり、縄文土器などの縄文人の生活などが充実しています。青森県青森市が誇る歴史的にも有名な遺跡なので、近隣の県だけでなく海外からも観光客が訪れています。青森県青森市の八甲田山は、1902年に八甲田山雪中行軍遭難事件があった場所です。事件も有名ですが日本百名産の一つとしても名を知られています。八甲田山は青森県青森市にそびえる複数火山の総称で、18の成層火山や溶岩円頂丘で構成されている火山群です。今は火山活動は穏やかですが、山の周辺は世界有数の豪雪地帯でもあります。青森県青森市には青森市発祥の地と言われる善知鳥神社があります。その歴史は古く、坂上田村麻呂が東北遠征時に再建したと言われています。様々な歴史上の有名人が本や詩などの作品で神社について触れているので、昔から人気のある神社だったようです。廣田神社も青森県青森市では有名な神社です。青森を開拓したとされる進藤庄兵衛正次翁の神霊を祀る神社として、全国各地から観光客が参拝に来ます。

青森県青森市に関する情報

新着情報

↑PAGE TOP